カムカムエヴリバディのタイトル

国内ドラマ

カムカムエヴリバディ|無料視聴で見逃し配信1話から最終話までの動画配信を一気見する方法!

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」を、見逃し配信や無料で見れちゃうお得な方法をご紹介します!

見逃し回を好きな時間に見たい・まとめて一気見したい方には、超お得な情報です。

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

目次

カムカムエヴリバディ無料配信サービス一覧

殿
今朝のカムカムも、寝坊で見逃したのぅ…
殿、動画配信サービスを使えば、厳しい財政でもお得な料金や無料で見れますぞ
忍者

 

「カムカムエヴリバディ」の見逃し配信や無料・低価格で見られる動画配信サービスは、3つです!

低料金&無料で視聴できる

  • U-NEXT
  • NHKオンデマンド
  • Amazonプライムビデオ

 

ポイント

※ 最新情報更新中ですので、公式ページをご確認ください。

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金 初回登録ポイント
U-NEXT 31日間 2,189円 1,200P
※無料トライアル中600P
NHKオンデマンド なし 990円 なし
Amazonプライムビデオ 30日間 500円 なし
TSYTAYA TV 30日間 2,659円 1,100P
TELASA 15日間 618円 550P
dTV 31日間 550円 なし
ABEMAプレミアム 2週間 960円 なし
FODプレミアム 2週間 976円 100~1,300P
Hulu 2週間 1,026円 なし
Paravi 2週間 1,070円 550P
※無料トライアル中0P
NETFLIX なし 990円 なし

※料金はすべて税込

 

「カムカムエヴリバディ」を契約後実質無料で見ることができる動画配信サービスは、U-NEXTです!

毎月付与される1,200ポイントを使えば、NHKまるごと見放題パック分の料金が実質タダになります。

U-NEXTでは、無料トライアルでも初回登録時にもらえるポイントを使って一番お得に低料金で視聴することができます。

 

無料トライアル中にポイントが付与されないAmazonプライムビデオや、無料期間のないNHKオンデマンドより、U-NEXTでは断然お得な低価格で「カムカムエヴリバディ」を見ることができます

 

本記事では「カムカムエヴリバディ」の作品内容や、一番お得な配信サービスU-NEXTの特徴・視聴方法・解約方法までどこより分かりやすくご紹介します!

 

U-NEXTの特徴

  • 「カムカムエヴリバディ」の見逃しや一気見を低価格で見られるのは、U-NEXT
  • 無料トライアル31日間でタダで楽しめる
  • 無料トライアル期間中でも、解約が可能
  • テレビのほか、パソコン・スマホ・タブレットでいつでもどこでも視聴ができる
  • 「カムカムエヴリバディ」出演者の、ほかのドラマや映画も見放題

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

配信サービスならお得で安心

「カムカムエヴリバディ」を一番お得な料金で、安心してみることができるのは動画配信サービス(ビデオ オンデマンド/VOD)U-NEXTです。

 

ネットに違法にアップロードされた動画などを、うっかり視聴してしまうと見た人も法律で罰せられます。

さらに違法な動画は、ウイルスに感染する可能性も高く、パソコンやスマホなどのデバイスから大事な情報が盗み取られてしまうケースもあります。

クレジットカード情報を盗まれたり、登録していたパスワードがハッキングされるという被害も多発しています。

 

動画配信サービスなら、そんな心配は一切ありません。

 

しかもU-NEXTは31日間もの無料トライアル期間で、見たいドラマや映画を見放題で、じっくりサービスを続けるかを試すことができます。

U-NEXTなら、無料トライアル期間中でもすぐに解約も可能です。

 

実質ほぼ無料で、見たいドラマ・映画・アニメ・バラエティを楽しめる上、電子書籍も楽しめてしまいます。

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

無料視聴期間でサービスを使おう

自分に合っているのか、本当に必要なサービスなのかを確認することができるのが「初回登録者限定の料金無料サービス」です。

 

動画配信サービスを無料でお試しできるのは、自社の提供するコンテンツをじっくり見て判断してほしいということです。

初めて動画配信サービスを利用したり、他社のサービスでは不満という人も無料トライアルなら気軽に見放題でしっかり選ぶことができます

 

まずは見たいドラマや映画、アニメやバラエティ、電子書籍を無料で視聴してみましょう!

「これは合っていないな」と感じたら、無料トライアル期間中に解約を済ませましょう。

 

無料トライアル期間中なら1円も支払いは生じませんので、実質タダで見たい動画を見ることも出来ちゃいます。

ただし、追加料金が必要な作品は見ることができませんので、注意してください。

 

違法動画を見る危険を避けて、安心して楽しめるのが動画配信サービスです。

無料トライアル期間を有効に使って、じっくりと好きなドラマや映画を楽しんでみましょう!

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

利用したことがない人のために

まだ動画配信サービスを使ったことがないという方は、「やっぱりちょっと不安」「公式ページを見てもよく分からないな」という場合があります。

そんな不安がある方のために、サクッとU-NEXTの料金やサービス、コンテンツが丸わかりの情報をお届けします。

ポイント

  • 220,000本以上が見放題
  • 動画も書籍も、スマホやパソコンでも見られる
  • 毎月1,200ポイントがもらえる
  • 無料トライアル期間も契約後も、いつでも解約可能

 

さらにU-NEXTの詳細情報を、下の表からすぐに確認できます!

月額料金 2,189円(税)
作品数 約220,000本(更新中)
同時視聴数 1アカウントで4端末
視聴可能な端末 スマホ・タブレット・テレビ・パソコン
無料期間 初回31日間
ポイント 毎月1,200ポイント(1,200円分)
ビデオ 見放題
ダウンロード機能 あり
アダルトビデオ(成人向け) あり(ブラウザ専用)

 

U-NEXTのサービスの特徴は、圧倒的なコンテンツの量。

また、毎月1,200ポイントが付与されるので、実質半額でサービスを楽しむことができます。

 

解約が無料トライアル期間中も含め、いつでもできるのも魅力です。

 

移動中に動画はもちろん、漫画や雑誌などの電子書籍も気軽に読み放題なので、利用しないのはもったいないですね 👍

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

無料視聴の登録&解約方法

U-NEXTの登録方法

U-NEXTの無料トライアル期間を利用すれば、「カムカムエヴリバディ」をはじめ他局のドラマのほか、見たかった映画や海外ドラマだけではなく電子書籍で週刊誌や漫画・小説までいつでもどこでも見放題になります。

中には有料プランが必要な作品もありますので、注意してお得に動画配信サービスを始めましょう!

 

  1. U-NEXT公式サイトにアクセス
  2. 「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
  3. 「今すぐはじめる」をクリック
  4. 「お客様情報」の入力
    氏名や生年月日、メールアドレスなどの必要事項を入力
  5. 「無料トライアルに申し込む」にチェック、決済方法を選択確認画面をチェックして、「登録完了」
  6. すぐに見たい動画やコンテンツを楽しむことができます

 

U-NEXTの解約方法

最新の解約方法は、U-NEXT公式ヘルプセンターに画像付きで紹介されています。

常に新情報に更新されています。

NHKと言えば大河ドラマも連続ドラマ小説と同程度の知名度ですが「鎌倉殿の13人」も大人気ドラマとして放映中です⇒https://hikkoshi-movie.jp/kamakura13/

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は同じくU-NEXTにて無料視聴が可能ですので上記リンクを要チェックです。

カムカムエヴリバディの再放送は?

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の再放送を待って見てみよう、という方もやっぱりまだいるかもしれません。

「カムカムエヴリバディ」の再放送は、以下のようになっています。

 

参考

 

再放送日 時間
月曜日~土曜日 12:45~
日曜日 11:00~11:15

※ 土曜日と日曜日は、一週間の振り返り放送です。

 

「カムカムエヴリバディ」の再放送は日中の忙しい時間で、土日の振り返り放送では話題になったシーンや見たかったところが編集されてしまいます。

 

U-NEXTのいつでもどこでも、スマホやタブレットなどの端末でも気軽に見れる動画配信サービスは超便利

 

特に「カムカムエヴリバディ」のように、15分の短時間放送のドラマはスキマ時間にパッと見られるので動画配信サービスを利用することはおすすめです。

 

現在の主流は、動画配信サービス(ビデオ オンデマンド/VOD)が主流となっており、20代から50代までの人の多くが、無料またはお得な料金で利用しています。

毎日番組をチェックする時間もないし、そのうち見逃した話題のドラマを見ないままに終わってしまうなんてことになってしまいます。

 

無料でトライアル期間があるU-NEXTのサービスを使えば、時間や場所を選ばずにいつでもどこでも気軽に過去から最新話まで見ることができます。

気になっていたほかのドラマや映画まで見放題ですから、無料トライアル期間で視聴して実質タダで楽しんでいる人が急増しています。

 

忙しい人にも、ゆっくり時間を気にせずにドラマや映画をお得に視聴したい人にも、U-NEXTの無料トライアルは絶対におすすめです

テレビの大きな画面でも、手元にあるスマホでもいつでもどこでも「カムカムエヴリバディ」を見ることができるのはU-NEXTだけです!

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

カムカムエヴリバディのストーリーや登場人物

家族の絆を描いたハートフルコメディ

「カムカムエヴリバディ」は、連続テレビ小説史上初・3人の女優がヒロインとして登場します。

昭和・平成・令和の3つの時代を、祖母・母・娘としてバトンを渡していく物語です。

 

ヒロイン3人を演ずるのは、上白石萌音さん・深津絵里さん・川栄梨奈さん。

これはもう、ファンだけではなくドラマ好きにはたまらない面々です。

 

実力派女優3人の演技だけではなく、キャストも豪華、見ごたえのあるドラマと新しい視点の脚本も超話題です。

100年(1世紀)に渡る家族の物語を、ラジオ英語講座を軸に描くハートフルコメディ「カムカムエヴリバディ」では、恋愛や結婚、仕事や家族と多彩に描かれます。

 

舞台は、それぞれ岡山・大阪・京都。

時代やその土地ならではの魅力も満載で、3人のヒロインたちに共感する人も多いはずです。

毎回それぞれのヒロインの一生懸命な姿、家族や周囲との関係の展開が楽しく、さらに明るくきゅんとなるストーリーが展開されます。

 

相関図

殿
カムカムエヴリバディはおもしろいが、登場人物が多くてうっかり見逃すと誰が誰だか分らんのぅ…
殿、ご安心くだされ!登場人物の相関図を見れば悩みは一気に解決ですぞ!
忍者
殿
おお!これは分かりやすい!手柄じゃな、忍よ

 

「カムカムエヴリバディ」を見る時には、ドラマの人物相関図もチェックすると分かりやすいですね。

最初のヒロイン・安子と登場人物の関係が一目で分かる、相関図をご紹介します。

人物相関図を見ると、ドラマの内容がすんなり頭に入ってきますね。

登場人物たちを象徴する画像が使われているところも、パッと見でドラマの概要が分かる人物相関図の魅力です。

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

主演や主要キャスト

話題

「カムカムエヴリバディ」は連続テレビ小説史上初の3人のヒロインが、昭和・平成・令和の時代をそれぞれの試練を受ける中、恋・仕事・結婚を経験する中で自分らしい生き方を見出していく物語です。

3世代のヒロインは不器用ながらも、試練にまっすぐに向き合い時代とともに変化する課題や試練を乗り越えていきます。

初代ヒロイン・安子は大正・昭和初期の岡山を舞台に、2代目ヒロイン・るいは昭和30年代の大阪を舞台に、3代目ヒロイン・ひなたは昭和40年代の京都を舞台に奮闘します。

祖母・母・娘の100年にわたるストーリーをつなぐのは、ラジオ英語講座です。

安子編

もっと読んでみる
ここに隠したいコンテンツ

上白石萌音(初代ヒロイン/安子)

【上白石萌音(かみしらいし もね)】
1998年1月27日生まれ。鹿児島市出身。身長152㎝、AB型。2011年東宝シンデレラオーディション・審査員特別賞受賞。2011年女優デビュー。2014年歌手デビュー。〈受賞歴〉2014年山路ふみ子新人女優賞・全国映連賞女優賞、2015年日本アカデミー賞新人俳優賞、2017年声優アワード新人俳優賞、2020年ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞、2021年エランドール賞新人賞・橋田賞新人賞。ほか多数〈趣味〉読書、音楽を聴くこと、歌うこと 踊ること〈きょうだい〉妹・上白石萌歌(女優)

 

松村北斗(安子の夫/雉真稔)

【松村北斗(まつむら ほくと)】
1995年6月18日生まれ。静岡県島田市出身。身長177㎝、B型。俳優、男性アイドルグループ・Six TONESメンバー。2009年2月15日、オーディション翌日にデビュー。2012年俳優デビュー。〈趣味〉読書、映画鑑賞、ミニチュア雑貨収集、美術鑑賞、料理、ファッション〈特技〉空手、キーボード、アクロバット

 

るい編

深津絵里(2代目ヒロイン/安子の娘)

【深津絵里(ふかつ えり)】
1973年1月11日生まれ。大分市出身。1986年ミス原宿グランプリ優勝、13歳で芸能界デビュー。1990年初主演ドラマ、1996年初主演映画。〈受賞歴〉2003年日本アカデミー賞助演女優賞、2010年モントリオール世界映画祭最優秀女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演賞&助演女優賞。

 

ひなた編

川栄李奈(3代目ヒロイン/るいの娘)

【川栄李奈(かわえい りな)】
1995年2月12日生まれ。神奈川県出身。身長152㎝、O型。AKB48元メンバー。2010年デビュー。2018年初主演映画。〈受賞歴〉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ニューウェーブアワード 。

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

主題歌

アルデバラン

「カムカムエヴリバディ」の主題歌は、AIさんの歌う「アルデバラン」です。

 

聴いたことがない言葉かもしれませんが、星座・おうし座で最も明るい星の名前で、冬のダイヤモンドと呼ばれる中の恒星の1つを指します。

日本語に訳すと「後に続くもの」という意味になり、「カムカムエヴリバディ」の3世代にわたる物語に重なりますね。

 

作詞作曲は、シンガーソングライターの森山直太朗さんです。

 

AIさんでしか表現できない豊かな情感、低音から高音までの音域の広さやメロディラインの美しさは圧巻です。

 

「アルデバラン」が主題歌と発表された時、AIさんは「いろんなことが起きてるこの時代に頑張ってる人に伝えたい1曲です」とコメントしています。

 

「カムカムエヴリバディ」のオープニングでは、切り絵を使ったオープニング画像も楽しめます。

AIのプロフィール

【AI(あい)】
歌手・ソングライター。1981年11月2日生まれ。生誕地はアメリカ・ロサンゼルス、出身地は鹿児島市。R&Bやバラードに定評があり、ソウルフルな歌声は他に類を見ない魅力を持つ。母方の祖母がイタリア系アメリカ人のクォーター。4歳までロスで過ごし、10代後半に再びロスで過ごしている。

 

森山直太朗のプロフィール

【森山直太朗(もりやま なおたろう)】
シンガーソングライター。1976年4月23日生まれ、東京都出身。ミュージシャンの両親(森山良子、ジェームス滝)のもとに誕生する。2003年「さくら(独唱)」が大ヒット。自らだけではなく、多くのアーティストに楽曲提供もしている。

 

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

カムカムエヴリバディの由来

カムカム英語

殿
カムカムエヴリバディとは、みんな寄っといでということかのぅ
殿、この名には深い意味が込められているのでござる
忍者
殿
そうなのか?いったいどんな意味じゃ?

「カムカムエヴリバディ」は、終戦直後のラジオ英語講座「カムカム英語」に由来しています。

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の中でも、劇中歌として流れてきていますね。

タイトルに込めた想い

かつて終戦直後の日本を席けんした平川唯一(ひらかわ・ただいち)講師のNHKラジオ英語講座・通称「カムカム英語」のオープニング曲のタイトルです。

「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーにのって、「カム♪カム♪エヴリバディ♪~」の歌が始まると
日本中の子どもからお年寄りまでくぎづけになり、明るい声に励まされました。

そこには、戦後の重苦しい日本を「明るくしたい」という平川講師の願いが込められていました。

「カムカムエヴリバディ」の合言葉は、今を生きる私たちの未来をも切り開くパワーワードになる!と願いを込めて、タイトルにしました。

ー カムカムエヴリバディ 公式HP -

平川唯一

平川唯一は、戦争が終わって間もなく始まったNHKラジオ英語講座「英語会話」=通称「カムカム英語」の人気講師。視聴者からは「カムカムおじさん」の愛称で呼ばれました。オープニングの「カムカムエヴリバディ」で人気を博し、英語遊びで楽しく英語を学べることで日本中に英語ブームを巻き起こす。全国にファンクラブが設立される人気を博した。1902年生まれ、1993年没。

 

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

ナレーション

語り部として

「カムカムエヴリバディ」は、ナレーションも第1話からとても好評です。

ナレーションを担当しているのは、俳優の城田優さん。

第1話の放送直後から、ナレーションに好感を持つ視聴者が続出しました。

 

城田優さんは、「カムカムエヴリバディ」のナレーションを『語り部(かたりべ)』と表現し、その意気込みや気配りについてもコメントしています。

ドラマの語りについて、
「物語のテーマの一つがラジオ英語講座ですが、
ナレーションも英語講座のイメージでやらせていただいています」とこだわりを明かしている。

城田さんは、「流暢(りゅうちょう)に抑揚をつけた、完成させた語りというよりは、
やはり日本語で言った後にわざわざ同じことを英語で置き換えて言うということに意味があるのではと思っています」と持論を展開。

続けて「ラジオ英語講座は、ラジオで英語を教えることがメインのプログラムですよね。
なのでナレーションもその英語の教材の一部であるということを大切にしています。
お子様からご年配の方まで、朝ドラをご覧になる幅広い層の中には、
初めて英語に触れる方もいらっしゃるかもしれない」として、
「全ての方々に向けてしっかりと耳を傾けていただけるように、
語り部として物語を届けていきたいと思っています」と思いを語った。

ー MANTANWEB -

 

城田優のプロフィール

〈クリックで画像を拡大〉

城田優

ー 城田優 公式Instagram -

【城田優(しろた ゆう)】
1985年12月26日生まれ、東京都出身。俳優・タレント・歌手・シンガーソングライターとして活躍。2003年17歳の時ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビュー。2006年「純ブライド」で映画初主演。日本人の父とスペイン人の母を持つハーフ。

\ \ \ 無料で今すぐカムカムエヴリバディを見る///

※ 解約は無料期間中いつでも可能!

あらすじ※ネタバレ注意

第1週(11月1日~11月6日)

第1週の見どころ

時は大正、1925年3月22日。 この日、日本のラジオ放送が開始され、ヒロイン・橘安子(役:上白石萌音)が誕生します。

岡山の和菓子屋に生まれた安子は、あんこの甘い香りの中ですくすくと成長。

ある日安子は、繊維会社雉真繊維の跡取り息子の雉真稔(役:松村北斗)と運命的な出会いを果たします。

稔は、安子の幼なじみ・勇(役:村上虹郎)の兄でした。

大阪の商科大学に通う稔が英語を話せることを偶然知った安子、稔に教えてもらったラジオの英語講座で英語の勉強を始めました。

英語への情熱と稔への恋心をつのらせていく安子ですが、勇からショックな言葉を受けてしまいます。

「あんころ屋の女では、兄と釣り合わない」

稔への恋をあきらめようとする安子、そんな時にある出来事をきっかけに運命は大きく動き始めます。

 

第1話のあらすじ※ネタバレ注意!

1925年3月22日、日本のラジオ放送が開始された日です。

同じ日に、岡山市の和菓子屋「たちばな」に長女・安子が誕生しました。

家族は、祖父母と両親と兄と和菓子職人たちが暮らすにぎやかな一家。

安子が尋常小学校3年生になった時には、ラジオも普及しましたが庶民にとっては手に届かないような高価なものでした。

「たちばな」の初代大将である祖父・杵太郎は、職人たちからせがまれても買わなかったラジオを、安子がほしいとなって早々に手に入れます(ちょっとしたヒミツがあります)。

家にやってきたラジオは、家族みんなが夢中になって聴き入る存在になります。

第2話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子は、「たちばな」の和菓子が大好きで、いつか自分も祖父・杵太郎や父・金太のような職人になりたいという夢を持つようになります。

そんな中、幼なじみで親友のきぬは、将来は婿養子をもらって「水田屋とうふ」を継ぐのだと言います。

きぬから兄のいる安子は好きな人と結婚できるのでうらやましいと言われても、ピンとこない安子。

安子は恋愛や結婚についてまで、まだ考えたこともなかったのです。

時を同じくするように、兄・算太は跡取り息子だと「たちばな」で和菓子職人として修業を始めます。

和菓子にも職人にもまったく興味がない算太は、何度も父・金太とぶつかり合う日々です。

算太が「たちばな」のおはぎに箸を刺して遊んでしまい、金太は激怒。

すると算太は、突然ダンサーになると宣言します。

祖父・杵太郎はダンサーは女性の仕事として諭そうとしますが、算太の決意は固かったのです。

第3話のあらすじ※ネタバレ注意!

尋常小学校を卒業した安子は、実家の和菓子屋「たちばな」の手伝いを始めます。

荒物屋「あかにし」の店主・吉兵衛(あだ名は❝ケチ兵衛❞)の息子に届けた柏餅を、なんと近所に配ることに…

その夜、安子は家族みんなでラジオから流れる落語を聞いて、だんらんの時間を過ごします。

おしゃれが大好きな安子は、母・小しずにパーマネントをしてみたいから父・金太の許可をとってほしいと頼み込みます。

穏やかな日々の中、突然ニュースが飛び込んできました。

満州事変が起こり、日本軍とソビエト連軍が争うことになってしまったのです。

この満州事変を機にパーマネントは禁止されてしまい、安子のおしゃれ計画もとん挫。

どうしてもパーマネントをかけてみたい安子は、神社に行ってお願いをします。

神社からの帰り道、幼なじみの勇に偶然出会いました。

久しぶりに話してみると、勇は甲子園に出るという夢を抱いているところでした。

そんな毎日の中、店番をしていた安子。

おみやげを買いたいという青年が現れ、「たちばな」のおすすめのお菓子を相談されます。

安子は迷わず、おはぎを勧めました。

うちのあんこは絶品、そして安子の名前の由来までついその青年に話してしまうのですが、ほほ笑みながら安子の話を聴く青年に思わずつられてしまう安子。

運命の出会い?

ラジオからは甲子園での野球放送が流れ、みんなが熱心にその様子を聴いている風景も。

そして「たちばな」に注文が入り、安子が配達に行くと大きなお屋敷に着きます。

受け取りに出てきたのは、「たちばな」にお土産を買いに来たあの青年でした。

続いて出てきたのは、何と勇。

青年は、勇の兄だったのです!

 

第4話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子は、稔からラジオ英語講座を教えてもらいました。

はじめて聴く言葉にまったく聴きとることができないラジオ英語講座を、安子は毎日聴き続けます。

ある日稔の実家・雉真家から、「たちばな」に和菓子の注文が入りました。

稔に会えると嬉しくて、ウキウキしながら配達しますが、出てきたのは女中さん。

がっかりする帰り道に立ち寄った本屋に、なんと稔が!

自転車が乗れない安子に、稔は一生懸命手ほどきをしてくれます。

そして2人は、それぞれの夢を語り合うのでした…

 

第5話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子は毎朝ラジオ英語講座を聴き、午後になると稔と自転車の練習をするという充実した日々を送っていました。

やさしく聡明な稔に、安子は恋をします。

やがて夏祭りの日が近づき、毎年一緒に行っていた幼なじみのきぬが行けなくなり、落ち込む安子。

そんな安子を稔が夏祭りに誘ってくれます。

楽しい夏を過ごした安子ですが、大金持ちの稔と和菓子屋の娘では釣り合わないと言われてあきらめかけます。

稔が大学のある大阪に帰るというその日、教えてもらった自転車に乗って安子は駅に向かいます。

ふたりは英語で、これからの文通を約束します。

 

第2週(11月8日~11月13日)

第2週の見どころ

安子は、大阪で商業大学に通う稔との文通を続けていました。

そんな時、ダンサーを目指していた安子の兄・算太(役:濱田岳)が借金を抱え家から勘当されてしまいます。

降って湧いたように家業の和菓子屋を継ぐことになった安子は、婿を迎えるとお見合いをすすめられることになってしまいます。

家族と恋の間で心が揺れる安子は、自分の気持ちに整理をつけようと大坂の稔に会いに行きます。

そして、稔も…

一方で、安子にひそかに思いを寄せていた稔の弟・勇は、甲子園に出場できたら気持ちを伝えようとしていました。

ところが戦争の影響で、勇が目指していた甲子園が中止になってしまいます。

 

第6話のあらすじ※ネタバレ注意!楽しかった夏休みが終わり、稔は大阪の大学へと戻っていきました。

一緒に過ごす時間は無くなりましたが、安子と稔は文通を始めます。

稔からの手紙が届くと飛ぶように喜ぶ安子、稔もまた同じ思いを抱くようになります。

場所は遠く離れていても、手紙によってふたりの距離はどんどん縮まっていきます。

そして安子が楽しみにしていたお正月の稔の帰省、一緒に映画を見に行く約束が…

一方でヨーロッパで戦争が起こり、日本にも影響が出始めます。

安子と稔をつなげたラジオ英語講座も、敵国のことばとして終了したりと世の中は不穏な足音も聞こえてくるようになっていくのですが…

 

第7話のあらすじ※ネタバレ注意!安子の兄・算太が、突然「たちばな」に戻ってきました。

算太はダンスホールで働いていたのですが、なんと閉鎖されてしまい実家に帰らざるを得なかったのです。

もともと仲の良い家族だった橘家では、算太が帰ってきたことでまたにぎやかになりました。

ところがそこへ借金取りがやって来ます。

算太が作った借金がバレてしまい、借金は両親の金太と小しずが肩代わりすることに。

激怒した金太に勘当され、ふたたび算太は姿を消してしまい…

 

第8話のあらすじ※ネタバレ注意!

戦争が激しくなる中、世の中もどんどん厳しくなっていきます。

砂糖が配給制になり、和菓子をつくることが難しくなってきた「たちばな」。

ある日、父・金太からお見合い話を進められた安子、祖父・杵太郎は政略結婚だと反対します。

安子は、家族の幸せのための結婚と稔への想いの間で揺れ動く気持ちを抑えきれず、置手紙を置いて稔のいる大阪への記者に飛び乗ります。

手紙の住所をたよりに行きついた下宿、安子は大学から帰った稔に会うことができました。

ふたりで映画や岡山に似ているという川を見て歩き、精いっぱいの笑顔で稔と別れ岡山へと戻る安子。

汽車の中で泣きながら岡山駅に着くと、安子の目の前に現れたのはなんと稔でした!

 

第9話のあらすじ※ネタバレ注意!

夜になって帰宅した稔と一緒に安子は、父・金太と母・小しずと対面します。

そこで安子と正式に交際をし、結婚をしたいと申し込む稔。

驚く安子ですが、金太と小しずは家柄の違いから稔の想いを簡単に受け入れることはできません。

金太は稔に頭を下げ、安子しか「たちばな」を継ぐ人間がいないと言います。

帰っていく稔を追いかけ、自分も稔と生きていきたいと告げる安子。

安子と別れた後、実家の雉真家に帰った稔は家族からの大歓迎を受けますが、砂糖高騰による菓子屋の低迷を父・千吉から聞かされます。

その様子を横で見ていた弟の勇は、翌日稔にある思いを伝えますが…

 

第10話のあらすじ※ネタバレ注意!

弟の勇に安子が好きだと告げられた稔でしたが、自分は決してあきらめないと伝えます。

雉真繊維という大会社の御曹司同士ながら、長男と次男では立場が違う時代。

稔と勇はお互いの立場を理解しつつも、安子のことを想う気持ちは変わりません。

そこに中国・ソ連とドイツとの戦争が始まったというニュースが飛び込んできます。

戦争の影響で、勇が目指していた甲子園は中止になってしまいます。

大きな目標にしていた甲子園出場の夢が途切れた勇は、神社で自分を応援してくれている安子に出会います。

思わず安子を抱きしめ、兄への想いを吐き出す勇。

間もなく日本とアメリカ・イギリスとの間でも戦争がはじまり、安子と稔をつなげてきたラジオ英語講座もすべて中止されてしまいます。

 

第3週(11月15日~11月20日)

第3週の見どころ

太平洋戦争が勃発し、日本は戦争ムードに包まれます。

安子は稔を慕い続けていますが、稔の実家・雉真繊維は日本軍と協力して事業の拡大を図っていました。

稔の父・千吉(役:段田安則)は、跡取り息子である稔と銀行頭取の娘とのお見合い話を進め始めます。

父から安子とかかわらないように厳しく命じられた稔は、安子への思いを断ち切れずに苦しむことに…

稔が悩むことを察した安子は、自ら身を引こうと決意しました。そんな中で、稔は学徒出征で戦争に向かわねばならなくなります。

安子に思いを寄せていた弟の勇でしたが、兄・稔の出征を知りある行動に出るのですが…

 

第11話のあらすじ※ネタバレ注意!ラジオからは、日本軍の軍歌や戦況の華々しさが伝えられるようになりました。

衣料品の販売や流通が制限される一方で、軍服や国民服の需要が拡大します。

稔の実家・雉真繊維では、軍服と国民服の製造増産のため工場拡大を計画します。

資金を得るため、稔の父・千吉は稔と銀行頭取の令嬢との縁談を進めていました。

稔は家業のための結婚を断り、安子と一緒になるという決意を告げます。

それを聞いた千吉は激怒、許されることのない恋でも貫こうとするまっすぐな稔。

稔は大学を卒業し岡山へ戻りますが、入れ替わるように弟・勇が東京の大学へと進学します。

ある日、「たちばな」に雉真家から注文があり、稔が会う口実を作ってくれたと期待して配達に向かう安子でしたが、現れたのは稔ではなく…

 

第12話のあらすじ※ネタバレ注意!

雉真家へお菓子を届けに行った安子を迎えたのは、稔の母・美都里でした。

稔に二度と近づくなという厳しい言葉とともに、お菓子も受け取らず紙幣を投げつけるように安子に渡す美都里。

父・金太に問われても、自分が注文を間違えたという安子ですがすっかり気落ちしてしまいます。

美都里が安子にしたことを稔は知り、激怒します。

すると逆に、父・千吉から厳しい現実も突き付けられてしまうことになってしまいました。

安子を訪ね「たちばな」に足を運ぶ稔でしたが、あいまいな約束しかできません。

悩んでいた安子は、稔のもとから去ろうとするのですが…

 

第13話のあらすじ※ネタバレ注意!戦争が長引き、安子の兄・算太にも召集令状が届きます。

家に戻った算太を父・金太は許さないまま、算太は出征していきます。

「たちばな」の和菓子職人たちも召集され、原材料も手に入らず商売の規模を小さくする中、元気をなくしていく父・金太。

一方の稔の実家・雉真繊維は、軍服などの需要が伸び工場を拡大。

この資金は稔と縁談を進める銀行頭取の娘の話があって、資金を調達していました。

弟・勇は、稔の縁談の真相を知り大阪まで稔を訪ねていきます。

投げやりな態度をとる稔に向かい、勇は激しく怒り殴りつけてしまいました。

戦争はさらに激化し、金属を調達するため甲子園球場は解体されます。

兵士の不足から、20歳以上の学生も戦争に向かうことになります。

そのことは稔自身も、徴兵されて戦争に行かなければならないということを意味していたのです。

 

第14話のあらすじ※ネタバレ注意!

1943(昭和18)年、戦況はますます悪化し、稔の出征もとうとう決まってしまいます。

安子は毎日、稔の無事を願いに神社へお参りに行っていました。

そんな最中、病気で伏せていた祖父・杵太郎は帰らぬ人となってしまいます。

安子に「幸せになれ」と言い遺して…

雉真家では、父・千吉が資金調達のため銀行頭取の娘と稔の結婚話を急いでいました。

それを弟・勇は、自分が結婚をするから安子と稔との結婚を認めるよう千吉に迫ります。

ふらりと「たちばな」に立ち寄った千吉、店番をしていた安子が祖父の書なのかのために用意をしていたお汁粉をふるまいます。

安子が去ったあと、父・金太が千吉に杵太郎や息子・算太のこと、さらに安子のことについても語り始めます。

そのころ、稔は岡山へ向かっていました。

父・千吉が進めている銀行頭取の娘との祝言をあげるための帰省だったのです。

 

第15話のあらすじ※ネタバレ注意!稔を岡山駅まで迎えに行った父・千吉は、そのまま神社へと向かいます。

神社では、稔のために祈る安子の姿がありました。

千吉は、稔に祝言をあげる相手は安子だということ、銀行頭取の娘との縁談は断ったことを伝えます。

千吉が去ったあと、稔は安子の元へ行きプロポーズをします。

そこへ弟・勇も現れ、ふたりを祝福してくれました。

雉真家に挨拶に行った安子に、母・美都里は冷たく当たりますが、稔の幸せを心から願っているので安子との結婚を認めることになります。

安子の父・金太にあいさつに来た稔を、金太はやさしく受け止めます。

家族みんなの祝福のもとで、稔と安子は無事祝言をあげることができました。

安子と稔は雉真家で暮らし始めます。

ふたりで神社にお参りに行き、そこで稔は将来子供が授かることを願い、男の子でも女の子でも外国でも通じる名前をすでに決めていると安子に伝えました。

幸せな新婚生活を送る安子と稔でしたが、わずかひと月たらずで稔は出征していきます。

 

第4週(11月22日~11月27日)

第4週の見どころ

学徒動員で、ついに稔は戦争に行ってしまいます。

稔に続き勇も召集され、戦地に赴きました。

稔が不在の中、安子は子供を授かっていたことが分かり、そして出産。

生まれた子には、稔が命名してあった名前が付けられます。

一方で日本は戦争で劣勢になり、ついに本土への空襲も、そして岡山も大空襲を受けてしまい市内の大半は焦土と化してしまいました。

間もなくして、日本は終戦を迎えます。

空襲によって家族を失い悲しみに暮れる安子でしたが、父・金太に和菓子作りを教わりながら、焼け跡となった岡山で和菓子を売り始めます。

そんな安子のもとへ、さらなる訃報が舞い込んでくるのですが…

 

第16話のあらすじ※ネタバレ注意!

稔は出征する前夜に、安子に自分が大切に使ってきた英和辞典を渡します。

戦地へと向かうその日、稔は安子に見送られて旅立っていきました。

稔の出征の2か月後、安子は稔の子を授かっていることが分かります。

翌年、稔の弟・勇も岡山から出征しました。

稔の母・美都里は2人の息子が戦地で戦うことになったことに不安をつのらせています。

戦局がさらに悪化する中、安子は元気な女の子を出産。

雉真家に笑顔が戻ってきました。

子供の名前は、稔から渡された巻紙に書かれており、そこには「命名・るい」と名付けられていました。

誰もが不思議な名前だと思うのですが、安子にだけは稔の思いが通じていました。

安子の脳裏には、かつて稔とジャズ喫茶「ディッパーマウス・ブルース」でふたりで聴いた、ルイ・アームストロングが歌う「On the Sunny Side of the Street」が流れてきたのです。

男の子でも女の子でもどんな国でも通じる名前、ルイ・アームストロングから稔は子供の名前を決めていたのです。

東京大空襲のニュースが届く中、安子はそっとるいのための子守歌「On the Sunny Side of the Street」を子守歌に口ずさむのでした。

 

第17話のあらすじ※ネタバレ注意!

1995(昭和20)年、安子は生まれて間もないるいを連れて、久々に実家の「たちばな」に帰りました。

両親と祖母とのたのしいひと時、ひさと小しずはるいるいに手づくりのお汁粉を食べさせます。

父・金太は働いている軍需工場から駆けつけてくれました。

帰り道、幼なじみのきぬとも再会を果たした安子。

ところが、空襲は大阪にも行われ今後は地方の都市部でも空襲が始まると、みんなが恐れていました。

そんなある日、とうとう岡山にも空襲がやってきてしまいます。

安子は稔の写真を手にるいと義父・千吉、義母・美都里と共に逃げていきますが、岡山の町は火の海と化していました。

朝になり、安子そしてるい・美都里は無事に空襲を逃れることができました。

るいを美都里に預け、安子は焼け野原となった岡山に呆然としながらも、実家「たちばな」のある商店街に向かいます。

そこで安子が出会ったのは、焦土の中に座り込む父・金太の姿でした。

小しずとひさがどこにいるのかを訪ねると、金太は防空壕の中で亡くなったと告げ号泣します。

安子もまた、最愛の祖母と母の突然の死に打ちひしがれてしまうのでした。

 

第18話のあらすじ※ネタバレ注意!岡山の空襲からひと月がたち、焼け残った雉真家の離れで父・金太と共に過ごす安子。

しかし金太は祖母・ひさと母・小しずを、自分が死なせてしまったという自責の念から生きる気力もなくし寝たきりになってしまいます。

献身的に金太に尽くす安子を、義父・千吉が心配します。

実は安子自身も、現実を受け入れられず苦しんでいました。

1945(昭和20)年8月15日、ラジオから玉音放送が流れ、日本は敗戦しました。

安子はあの神社を訪れ、稔の無事を必死に祈り続けます。

終戦後少しずつ日常が戻ってきましたが、金太は心も体も回復することがありませんでした。

ある日のこと、小豆を手に入れた安子は、金太にあんこの作り方を教えてほしいと頼みます。

しかし、金太は天井を見つめたまま…

深夜、ひとりあんこを作り始めた安子、砂糖が手に入らず上手にはできませんでしたが、金太に味見を頼みます。

安子の前では口にしなかったおはぎを食べ、泣きながら部屋を飛び出した金太。

雉真家のどこにもいない金太を探す安子は、「たちばな」のあったがれきの中にいる金太を見つけます。

金太が手にしたのは、配給の中から少しずつためていた砂糖の缶でした。

亡くなった小しずとひさの供養のため、おはぎをつくると言う金太の姿を見て、安子は嬉しい涙を流すのです。

 

第19話のあらすじ※ネタバレ注意!「たちばな」の焼け跡から砂糖を持ち帰った安子の父・金太は、さっそくおはぎづくりを始めます。

金太が元気になって喜ぶ安子、金太の作ったおはぎは祖母・ひさと母・小しずにお供えしました。

稔の父・千吉と日向ぼっこをしている時、互いの息子たちが戦争から帰ってくることを願いながら、これからのことを考えた金太。

「たちばな」の和菓子ですくわれる人がいると信じ、小屋を建てて一人で暮らし始めます。

金太の菓子作りに必要な材料を集める安子に、金太は菓子作りも教えるようになりました。

店先に「たちばな」の暖簾を出して、おはぎを売るようになった金太と安子。

甘いものを食べることができなかった人たちが、次々と訪れるようになります。

ある日、おはぎを持ち逃げしようとする少年に、金太はおはぎがいっぱいに入った箱を渡し自分で売って働くように諭します。

誰もが少年が戻ってくるわけがないと言いますが、実は金太は少年に息子・算太の姿を重ね、少年が戻ってくれば算太も戦地から帰って来ると賭けてみたと安子に語りました。

その夜、ひとりで小豆を炊いている金太のもとに、戦地から無事帰還したと算太が帰ってきました。

算太はおはぎを売ってお金を渡すまでの話をし、金太はひさと小しずを自分が死なせたのだと算太に詫びます。

「父ちゃん、もう気を張るな」と算太が言い、ラジオをつけます。

その瞬間、金太は家族みんなでラジオを聴いた懐かしい時の中に帰っていくのです。

翌朝、金太は静かに息を引き取りました。

 

第20話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子の父・金太の死の原因は、戦争での心労が重なったためでした。

金太の弔いを手配した義父・千吉は、互いに尊敬しあっている仲でもあったのです。

悲しみの中、「たちばな」の店の片づけをしていた安子のもとへ父・金太が倒れているのを見つけ医者を呼び最期をみとった少年がやって来ます。

金太が遺した言葉を聴き、少年が金太から手渡されたおはぎで元気になり、残った分を打ってきたのだと言い安子に売上金を渡そうとします。

安子は少年にお礼を言い、そのお金でしっかりと生きていくように伝えました。

「たちばな」のおはぎで少年を救った金太を、安子は誇りに思うのでした。

終戦から3か月半がたち、4年ぶりにラジオの基礎英語講座が復活。

稔との大切な思い出の英語、ひとつ単語を覚えるたびに稔が帰ってくると信じて英語の勉強を始めた安子。

そして、稔の弟・勇が戦地から帰還したのです。

稔の帰りを待つ安子ですが、ある日悲しい知らせが届きます。

稔が戦死した

義父・千吉の言葉に、安子は家を飛び出しあの神社にたどり着きます。

稔の死を受け止められない安子は、神社の中で泣き崩れ…

 

第5週(11月29日~12月4日)

第5週の見どころ

稔が戦死したという知らせから、安子は周囲から再婚を勧められます。

安子が再婚することは、娘・るいと引き離されてしまうことも意味していました。

安子はるいと共に住み慣れた故郷・岡山を離れ、大阪で新たな一歩を踏み出します。

父・金太から教えてもらった和菓子づくりの知識を活かして、るいとの生計を立てていこうと奮闘します。

安子は芋飴をつくり売って歩くようになりましたが、戦後の世情はとても厳しく、体も心も限界に近づいていく安子。

とうとう倒れてしまうのです。

そんな時、ラジオから唱歌『証城寺の狸囃子』の曲に合わせた替え歌、「カムカムエヴリバディ」が耳に入ります。

この放送は、その後「カムカム英語」と呼ばれるようになり、戦後日本に一大旋風を巻き起こしたラジオ放送「英語会話」の初回放送でした。

「英語会話」の講師を務める平川唯一の優しい語りに、元気を取り戻した安子。

再び英語を学び始め、「英語講座」を心の支えにして戦後の混乱を生き抜いていきます。

 

第21話のあらすじ※ネタバレ注意!

稔の戦死の知らせから半月が過ぎました。

安子は受け入れることができず、毎日泣き暮らしています。

そんな安子の心の支えは、稔の子・るいの存在でした。

稔の死を受け入れられないのは、義母・美都里も同じです。

美都里は正気を失い、稔の死の原因は安子にあると激昂します。

義父・千吉は安子の将来を思い、再婚を勧めますが、雉真家の子であるるいは再婚には連れていけないとも告げるのです。

安子は稔との最愛の子・るいと離れて暮らすことなど、まったく考えられません。

そんな安子に、稔の弟・勇がお金の入った封筒を持ってきて、雉真家を出てるいと2人で暮らすように伝えるのですが…。

 

第22話のあらすじ※ネタバレ注意!

稔の弟・勇から雉真家を出て、るいと2人で暮らすように背中を押された安子は、翌朝早くに出発します。

勇は明るく、何かあった時は戻ってきて自分の嫁になるように話しました。

安子とるいが家を出たことを父・千吉と母・美都里に伝えた勇は、探さないように懇願します。

美都里は孫がさらわれたと警察に届けると言い出し、勇はそんな美都里の態度が家族を追い詰めたと引き留めます。

一方汽車に乗った安子は、るいと共に大阪に向かいました。

大阪では、稔が大学時代に下宿していたおぐら荘に身を寄せます。

父・金太に教えられた和菓子作りで生計を立てようとする安子は、高値の小豆も砂糖も手に入れることができません。

そこでサツマイモを使った芋飴を試行錯誤の上完成させ、るいを背負って路上で売り出しますが簡単に売れません。

芋飴も売れず心身ともに限界に近づく安子、それでも路上で商売を続けていると場所代を要求する男たちに因縁をつけられます。

懸命に振り払って路地に逃げ込んだ安子の耳に聞こえてきたのは、「証城寺の狸」の歌に乗った英語の曲でした。

思わず涙をこぼす安子、これが安子と「カムカム英語」の出会いとなりました。

 

第23話のあらすじ※ネタバレ注意!

偶然、路地裏で「カムカム英語」と出会った安子。

身も心も疲れ切っていた安子でしたが、講師の平川唯一の優しい声と英語に引き込まれていきます。

それから毎日、安子はラジオが聴こえてくる家の前に来ては、「カムカム英語」を聴くことで勇気をもらっていきます。

ある日、安子は芋飴を買いに来た小川澄子の前で倒れてしまいます。

食べることも出来ず働き続けていたためです。

澄子は安子を自宅に連れて行き、心配して縫物の仕事を紹介してくれます。

縫物の仕事をしながら、芋飴の改良をする安子。

次第に芋飴は売れるようになり、ついに安子は芋飴の売上だけで生計を立てられるまでになりました。

 

第24話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子とるいが大阪に来て2年、材料のお米や砂糖・小豆なども少しずつ手に入るようになりました。

父・金太から教わったあんこの入ったおはぎも作れるようになり、安子は「たちばな」の名を譲り受けた小さな店を開きます。

倹約して手に入れたラジオで、安子とるいは毎日「カムカム英語」を楽しみに聴いていました。

「カムカム英語」のテキストを見つめながら、安子は夫・稔が一緒ならと思い描きます。

1948年(昭和23年)春、安子に大口の注文が入ります。

毎朝200個のおはぎを卸してほしいというものです。

朝早くからおはぎをつくり、配達に向かいますが、3歳のるいを連れては大変な道のりでした。

安子はるいと配達をするため、自転車とリヤカーを購入します。

るいと木箱をのせたリヤカーを引いて、安子は自転車をこいでいきます。

稔から教わった自転車の思い出が胸をよぎります。

ある日、稔にかつて案内された川原で、安子はるいに稔の人柄やるいの名前の意味を伝えます。

安子とるいが帰宅すると、「たちばな」の店先に義父・千吉が待っていました。

思わず安子は息をのんでしまいます。

 

第25話のあらすじ※ネタバレ注意!

大阪の安子とるいのもとに突然現れた、義父・千吉。

るいを外で遊ばせている間、千吉は安子に岡山へ戻るように話しますが、安子は頑として受け入れません。

声を荒げる2人のもとへ、るいがやってきます。

「お母さんをいじめたらいけん!」

その言葉に千吉は冷静になり、るいに雉真家の子としてふさわしい教育を受けさせたいと安子を諭して帰っていきました。

安子は、るいのために営業をはじめ注文も増えていきます。

しかし忙し過ぎて、「カムカム英語」を聴く余裕さえありません。

ある日、安子がるいを乗せてリヤカーを引いた自転車が、オート三輪車と事故に遭ってしまいます。

安子はケガをした腕で、額から血を流するいを病院へ連れて行こうと必死でしたがついに倒れてしまいます。

目を覚ました安子の前には、稔の弟・勇が看病をしていました。

安子とるいは、義父・千吉が見つけたと言います。

勇からも岡山に戻るように伝えます。

そんな時、頭に包帯を巻いたるいが千吉に連れられて帰ってきました。

千吉からるいの額の傷は、一生残ってしまいそうだと聞かされた安子。

るいのことを最優先に考え岡山へ戻りますが、雉真家の玄関では義母・美都里が座って待っているのをみて言葉を失う安子でした。

第6週(12月6日~12月11日)

第6週の見どころ

安子はるいとともに岡山へ戻りました。

雉真家では何不自由のない生活が始まりましたが、大阪での大変ながらもるいと2人で過ごした時間を安子は忘れられませんでした。

幼なじみのきぬは、結婚して水田屋とうふで働いていました。

安子の腕の骨折が治り、岡山でるいのために再び商売を始めるのですが…

第26話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子はるいと共に嫁ぎ先の雉真家に戻りました。

玄関で待っていた義母・美都里は2人が帰ってきたことに感謝し、るいを抱きしめます。

お手伝いさんのタミは息子のもとに去り、新しいお手伝いさんの雪衣が働いていました。

雉真家の豪華な食事を千吉・美都里・勇と共に囲む、安子とるい。

るいが上手に箸を使うのを優しく見つめ、安子にももう心配しなくていいと話します。

夜に部屋で2人になると、るいは安子に「ずっとお母さんとおれる?」と不安げに話し、安子は思わずるいを抱きしめます。

商店街に戻ってみた安子は、幼なじみのきぬときぬの両親に合うことができました。

きぬは疎開先で出会った力と結婚していました。

きぬにだけは本心を言える安子は、不自由のない今の暮らしより大阪での暮らしが恋しいと。

るいと2人でつましく暮らした日々を語る安子に、きぬは岡山でもるいと一緒におはぎを作って売ればいいと励まします。

やっと笑顔になった安子。

雉真家に帰ると、るいと勇がキャッチボールをして遊んでしました。

留守の間るいを見てくれていた雪衣に感謝し、3人でキャッチボールを始めます。

雪衣は奥に入り、食事の支度を始めました。

 

第27話のあらすじ※ネタバレ注意!

事故から3か月、安子の左腕は完治しましたが、るいの額の傷は治りません。

安子はおはぎを作り、きぬの店先を借りておはぎを売り始めました。

るいも一緒にお客さんに声をかけます。

義父・千吉と後継ぎとなった勇が雉真繊維の今後について話しますが、なかなか会話がかみ合いません。

千吉の前ではふざけたように見えた勇は、食事もとらず仕事のことを考えていました。

お手伝いさんの雪衣が夜食を届けに行きます。

翌朝、小豆を炊いている安子と勇は仲良くしていますが、それを雪衣は見つめています。

安子はおはぎを売る時に、るいを連れて行くのは世間体が良くないからと千吉に禁止されてしまいました。

るいのために1つでも多くおはぎを売りたい安子ですが、なかなか店頭では売れません。

そこで水田屋とうふのリヤカーを借りて、街中でおはぎを売り出した安子。

すると「たちばな」を知る人がたくさん訪れ、おはぎは売れました。

道すがらアメリカ兵が英語が通じず困っているところに出会った安子。

意を決して声をかける安子でした。

 

第28話のあらすじ※ネタバレ注意!

安子は話の通じない進駐軍の男性とおばあさんの間で、英語の通訳をします。

これが生まれて初めて安子が話した、生の英会話になります。

自分の英語がきちんとアメリカ人に伝わったことに、安子は効用を覚えていました。

一方雉真家で留守番をするるいは、どうして安子と一緒におはぎを売りに行けないのか、大阪から雉真家に来た理由をお手伝いさんの雪衣に尋ねます。

雪衣は、安子がるいを女手ひとつで育てることをあきらめ、雉真家に返したのだと話します。

夜にるいが寝てから、稔の写真に向かって英会話ができたことを嬉しいと報告する安子。

稔と行った喫茶店「ディッパーマウスブルース」も再建され、マスターの定一と安子は再会します。

定一は稔の死と息子・健一のことを思いますが、敵国だったアメリカの音楽をかけている自分に納得がいかない部分もあります。

安子は定一に、稔との娘・るいのことを伝えました。

雉真家ではるいと義母・美都里があやとりをしていました。

るいがラジオをつけ「カムカムエヴリバディ」を歌っていると、美都里が謝りながら稔を殺した国の歌は聞きたくないと言ってラジオを消してしまいます。

るいは安子との部屋に戻り、悲しそうな顔でひとりで「カムカム英語」を聴いていました。

その頃、安子はるいの待つ雉真家への帰路を急いでいました。

 

 

第29話のあらすじ※ネタバレ注意!

「カムカム英語」では、クリスマス・イブのことを紹介しました。

安子にるいは、美都里から「お父さんを殺した国・英語は聞きたくない」と言われたが、なぜ安子が「カムカム英語」を聞くのかと問われます。

安子は答えることができません。

クリスマス当日、進駐軍の兵士たちがサンタクロースの姿で子供たちなどにお菓子を配っていました。

そのため安子のおはぎは売れません。

困っている安子の前に、先日通訳をした将校・ロバートが現れました。

残ったおはぎを全部買ってくれるというロバートのオフィスを訪ねた安子。

ロバートはおはぎを食べて、いろいろ安子に尋ねてきます。

安子の英語が高いスキルであることの理由を訊かれ、安子は夫・稔のことを離します。

そして戦争のせいで稔が亡くなり、それでも自分が英語を勉強していることの自問自答も英語でロバートにぶつけます。

戦争と稔を失った傷を泣きながら赤裸々に語る安子の涙に、ロバートはハンカチを差し出しました。

その後ロバートは、安子をアメリカ人たちが開いているクリスマスパーティーの会場に連れていくのですが…。

第30話のあらすじ※ネタバレ注意!

進駐軍のクリスマスパーティに連れてこられた安子ですが、会場に入らず立ち去ろうとします。

その時、女性たちが歌う「Silent Night(きよしこの夜)」が聴こえてきて、安子は会場に引き付けられます。

ロバートはクリスマスは大切な人を思う日であることや、戦争で多くのアメリカ人も自分の妻もなくなったと語ります。

歌を聴きながら涙する安子。

その後、アップテンポの「聖者の行進」が演奏されます。

会場には、このクリスマスパーティを取り仕切っていたディッパーマウスブルースのマスター・定一がいました。

ロバートは日本語を学んだのは妻と結婚するためだったこと、そのために日本に駐留することになったことを離します。

ロバートは敵国だった日本に来るのは気が重かったが、来てみると多くの人が貧困などで苦しんでいることを知り、少しでも日本が良くなるように働いている、安子が英語を学ぶのも同じ気持ちではないかと問います。

そんな時、ステージに現れた定一が稔との思い出の曲「On the Sunny Side of the Street」を熱唱します。

稔がひなたの道を歩いてほしいと望んだのは、るいだけではなく自分にもだったと気づいた安子。

思い出の中の稔がよみがえり、稔は「安子ちゃん、メリークリスマス」と伝えてきているようでした。

「On the Sunny Side of the Street」が終わる頃、ロバートを見た安子は笑顔を取り戻していました。

第7週(12月13日~12月18日)

第7週の見どころ

第31話のあらすじ※ネタバレ注意!

第32話のあらすじ※ネタバレ注意!

第33話のあらすじ※ネタバレ注意!

第34話のあらすじ※ネタバレ注意!

 

第35話のあらすじ※ネタバレ注意!

第8週(12月20日~12月25日)

第8週の見どころ

 

第36話のあらすじ※ネタバレ注意!

第9週(12月27日~1月1日)

第9週の見どころ

第37話のあらすじ※ネタバレ注意!

-国内ドラマ

© 2022 超VOD高速